« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年11月

2011/11/28

Samsung 830 Series SSD MZ-7PC128

SSDもSATA 6Gbps時代だよなぁというわけで、Samsungの新型SSD MZ-7PC128Dを入手しました。

パッケージを開けて、まず気付いたのが付属の2.5-3.5インチ変換マウンタ。
サイドの穴がミリネジ仕様です(^^;。私が現在使っているケース(Lancool PC-K9X)はインチネジ仕様のため使うことが出来ません。
使っているケースによっては、実売価格が\500程安いMZ-7PC128Nを買う方が良いかもしれません。


早速TrueImage2010を使用して、MZ-5PA064から環境移行。
即、CrystalDiskMarkしてみましたが、ベンチ結果が思っていた程出ませんでした。

考える事しばし数分、BIOS(UEFI)で、CPU C1E,CPU C3 Report,CPU C6 ReportをDisabledに設定すると、期待していたベンチ結果を得ることが出来ました。

Msahci


そういえば、MSAHCIドライバだったので、IRST 10.8に替えると更にRW 4Kが速くなりました。

Irst


このまま使う事も考えたのですが、アイドル時の消費電力を考えて、C1Eのみ有効に設定して常用することに決めました。

Irst3
As_ssd_irst_c1e



使用感ですが、Windows 7の起動、シャットダウンが速くなったのが解ります。
あとは全体的に軽くなったって感じでしょうか。Windows エクスペリエンス インデックスは、7.9になりました。

ブートドライブ用として考えると、SATA 3GbpsクラスSSDからの移行としては、投資効果は微妙なところかもしれません。
シーケンシャルの転送速度はRead,Writeとも速いので、使い方次第では効果を発揮すると思います。


ちなみに、CrystalDiskInfoの表示。

Cdi

---
現在のPC構成
OS : Windows 7 Professional x64
CPU : Intel Core i5 2500K@TB 4.5GHz
Motherboard : P8P67 REV 3.0
Memory : SanMax SMD-8G68CP-13H-D ×2 16GB
VideoCard : SAPPHIRE ULTIMATE HD 4670 512MB DDR3 PCIE HDMI
SSD : Samsung MZ-7PC128
HDD : HGST HDS5C3020ALA632
HDD : HGST HTS725050A9A364
Power Unit : Seasonic SS-660KM
Case : LanCool PC-K9X
Audio I/F : egosys U2A, Musical Fidelity V-Link

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »