« Samsung MZ-7PC128のその後 | トップページ | USBメモリ Transcend JetFlash 780 16GB »

2012/05/12

Ubuntu 12.04 導入、オープンソースATI用ドライバについて

Ubuntu 12.04 AMD64をRadeon HD4670とHD6670を積んだ実機2台にインストールしてみたのですが、2台ともデュアルブートにしているWindows7環境より消費電力がかなり高くなっていることに気付きました。

ふと、思い立ってAMD Catalyst(fglrx)ドライバをインストールしてみると、アイドル時で20W程消費電力が下がることを確認しました。(ワットモニターにて計測)


というわけで、
●オープンソースATI用ドライバではGPUの省電力機能が働いていない。
ようです。

■Ubuntu 12.04 AMD64、CPU電圧はBIOSまかせ、アイドル時
・109W (オープンソースATI用ドライバ使用時)
・89.2W(AMD Catalyst(fglrx)ドライバ使用時)


現在のサブPC構成
CPU : Phenom II X4 965BE@3.7GHz
Motherboard : M4A88TD-V EVO/USB3
Memory : SanMax SMD-8G68CP-13H-D 8GB
VideoCard : SAPPHIRE HD 4670 512MB GDDR4 PCIE HDMI
SSD : Samsung MZ-7PC128
HDD : HGST HDS5C3020ALA632
HDD : WD WD10EADS-M2B
Power Unit : 玄人志向 KRPW-SS600W/85+

« Samsung MZ-7PC128のその後 | トップページ | USBメモリ Transcend JetFlash 780 16GB »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29734/54690422

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu 12.04 導入、オープンソースATI用ドライバについて:

« Samsung MZ-7PC128のその後 | トップページ | USBメモリ Transcend JetFlash 780 16GB »