Ubuntu

2012/05/12

Ubuntu 12.04 導入、オープンソースATI用ドライバについて

Ubuntu 12.04 AMD64をRadeon HD4670とHD6670を積んだ実機2台にインストールしてみたのですが、2台ともデュアルブートにしているWindows7環境より消費電力がかなり高くなっていることに気付きました。

ふと、思い立ってAMD Catalyst(fglrx)ドライバをインストールしてみると、アイドル時で20W程消費電力が下がることを確認しました。(ワットモニターにて計測)


というわけで、
●オープンソースATI用ドライバではGPUの省電力機能が働いていない。
ようです。

■Ubuntu 12.04 AMD64、CPU電圧はBIOSまかせ、アイドル時
・109W (オープンソースATI用ドライバ使用時)
・89.2W(AMD Catalyst(fglrx)ドライバ使用時)


現在のサブPC構成
CPU : Phenom II X4 965BE@3.7GHz
Motherboard : M4A88TD-V EVO/USB3
Memory : SanMax SMD-8G68CP-13H-D 8GB
VideoCard : SAPPHIRE HD 4670 512MB GDDR4 PCIE HDMI
SSD : Samsung MZ-7PC128
HDD : HGST HDS5C3020ALA632
HDD : WD WD10EADS-M2B
Power Unit : 玄人志向 KRPW-SS600W/85+

2010/11/06

Ubuntu 10.10でCPU周波数の計測モニタのラベル(文字列)を表示する

Ubuntu 10.10にアップグレードしてから、現在のCPU周波数表示が見えないのが気になってましたが、解決法が以下にありました。
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/linux/1287779077/247

>(1) sudo gedit /usr/share/themes/Ambiance/gtk-2.0/apps/gnome-panel.rc
(2) パッチの中で行頭が「+」になっている以下の1行を「+」抜きで挿入
widget "*CPUFreqApplet*" style "panel" # workaround for CpuFreq Applet
(3) 保存して終了
(4) 再起動


早速、実行。
$ sudo gedit /usr/share/themes/Ambiance/gtk-2.0/apps/gnome-panel.rc

gedit上で、
#widget_class "*Panel*" style "panel"
widget "*PanelWidget*" style "panel"
widget "*PanelApplet*" style "panel"
widget "*fast-user-switch*" style "panel" # workaround for Fast User Switch applet
class "PanelApp*" style "panel"
class "PanelToplevel*" style "panel"

となってる箇所に、一行追加、上書き保存。

#widget_class "*Panel*" style "panel"
widget "*PanelWidget*" style "panel"
widget "*PanelApplet*" style "panel"
widget "*fast-user-switch*" style "panel" # workaround for Fast User Switch applet
widget "*CPUFreqApplet*" style "panel" # workaround for CpuFreq Applet (←この行追加)
class "PanelApp*" style "panel"
class "PanelToplevel*" style "panel"

その後、再起動。うまく表示されるようになりました。

Cpu1_2

2010/10/28

Ubuntu 10.10 AMD64 (64bit)にATOK X3をインストールする その2

Ubuntu 10.04LTSからUbuntu 10.10へのアップグレードとATOK X3

>変換候補のポップアップが、アプリケーションのウィンドウの左下に張り付いてしまう。

[Ubuntu][Atok] UbuntuとATOK X3とgtk.immodules

>そういえば最近一部のアプリでそうなっていたような気がしたので試してみた。


私のUbuntu 10.10 AMD64環境では、ウィンドウの完全に左下ではなく、そのちょっと上に張り付いてる感じでした。微妙ですね(笑)。

というわけで、
$ sudo gedit /usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/gtk.immodules
で開いて、
"/usr/lib/gtk-2.0/immodules/im-iiim.so"
"iiim" "Internet/Intranet Input Method" "iiimgcf" "/usr/share/locale" ""
の2行を追記してみました。(その後、ログインし直す。)

結果、gedit、Leafpadで変換候補がカーソル位置に表示されるようになることを確認しました♪
KWriteは微妙な位置のままですが、気にしないことにします。

2010/10/26

Ubuntu 10.10で再びKWriteを使い始める

ATOK X3 for Linuxでよく使うのが、Tabキーでの省入力変換だったりする私です。
Tabキーでの省入力変換が使えて、私にとって使いやすいテキストエディタがLeafpadとKWrite。

Ubuntu 10.04上のKWrite(KDE 4.4.2)は以下の不具合で使えず、解決するスキルも無いので存在をしばらく忘れてました。

■ KDE4.4の問題点(1) ATOKX3での日本語入力
http://mkblur.blogspot.com/2010/02/kde441-atokx3.html

>そう、日本語入力の最中に、変換確定すると、入力中の文字が綺麗さっぱり消えてしまうと言う、笑うに笑えないバグです。


Ubuntu 10.10にKWriteをインストールすると、KDEは4.5.1、はい不具合は直ってます(^^)

LeafpadだとATOKのCtrl+P(全角無変換)が「印刷」として拾われてしまうので、時々イラっとしてたこともあったのですが、KWrteを使うことで無事解決です。

というわけで、Ubuntu上で集中して日本語文章を書く際は再びKWriteということになりました♪

2010/10/19

ATOK X3 for Linux dpkg 1.15.8 対応 deb パッケージ

「ATOK X3 for Linux dpkg 1.15.8 対応 deb パッケージ」がリリースされました。
http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=048707

>Ubuntu 10.10 など、パッケージ管理システム dpkg 1.15.8 以降を採用している環境で、ATOK X3 for Linux を利用するときに発生している現象を回避します。


Ubuntu 10.10 Desktop 日本語 Remix CDについては上記ページに記載されている手順でインストール出来るようです。

2010/10/17

Ubuntu 10.10 AMD64 (64bit)にATOK X3をインストールする

http://d.hatena.ne.jp/pochio_pochiyama/20100510/p5を参考にさせていただきました。
Ubuntu 10.10 AMD64でも全く同じ手順でATOK X3をインストールする事が出来ました。
ATOKの購入時期によって、付属32bitライブラリ(ファイル名も)が異なるようです。(当方のは2008年5月DL版)

追記:DL回数の上限にいってなかったので、再度ATOK X3をダウンロード、手順中のファイル名を修正してます。


■用意しておくファイル
atokx3.tar.gz、atokx3up2.tar.gzatokx3gtk216.tar.gz


■32bitライブラリのインストール
$ sudo apt-get install ia32-libs


■ATOK X3のインストール
$ tar xzvf atokx3.tar.gz
$ cd ATOKX3
$ export LANG=C
$ sudo touch /etc/gtk-2.0/gtk.immodules
$ sudo bash ./setupatok_tar.sh
This software is furnished under an end user agreement and may be used
or copied only in accordance with the terms of such license.
If you accept the terms of the license agreement,Please select "Yes".
If you do not accept the terms of the license agreement,Please select "No".
? (yes/no)yes
Input path of gtk-query-immodules-2.0 for 64bit application:
/usr/bin/gtk-query-immodules-2.0
Input path of gtk.immodules for 64bit application:
/etc/gtk-2.0/gtk.immodules


■ATOK付属32bitライブラリのインストール
$ cd bin/tarball/IIIMF
$ tar xzvf iiimf-client-lib-trunk_r3104-js1.i386.tar.gz
$ tar xzvf iiimf-client-lib-trunk_r3104-js3.i386.tar.gz
$ tar xzvf iiimf-protocol-lib-trunk_r3104-js1.i386.tar.gz
$ tar xzvf iiimf-protocol-lib-trunk_r3104-js3.i386.tar.gz
$ sudo cp -r ./usr/lib/* /usr/lib32/


■libwrap0 インストール
$ cd
$ wget http://ftp.ussg.iu.edu/linux/ubuntu/pool/main/t/tcp-wrappers/libwrap0_7.6.q-18_i386.deb
$ dpkg --fsys-tarfile libwrap0_7.6.q-18_i386.deb | tar xf -
$ sudo cp -r ./lib/libwrap.so.0* /usr/lib32/
$ sudo ldconfig


■アップデートモジュールの適用
$ tar xzvf atokx3up2.tar.gz
$ cd atokx3up2/bin/ATOK/
$ sudo tar xzvf atokxup-20.0-3.0.0.i386.tar.gz -C /
$ cd ../IIIMF/
$ sudo tar xzvf iiimf-server-trunk_r3104-js3.i386.tar.gz --exclude='./usr/lib' -C /
$ tar xzvf iiimf-server-trunk_r3104-js3.i386.tar.gz ./usr/lib
$ sudo cp -r ./usr/lib/* /usr/lib32/


■GTK+ 2.16対応モジュールの適用
$ cd
$ sudo tar zxvf atokx3gtk216.tar.gz -C /


■起動設定
$ sudo bash /opt/atokx3/sample/setting_debian4.sh


■iiim-properties のコンパイル
$ sudo apt-get install autoconf intltool libtool libglib2.0-dev libgnomeui-dev libglade2-dev
$ cd ATOKX3/src/IIIMF
$ tar xvf iiimf-trunk_r3104-js1.src.tar.gz
$ tar xvf iiimf-trunk_r3104-js3.src.tar.gz
$ tar xvf iiimf-trunk_r3104.tar.gz
$ cd trunk/lib/EIMIL
$ ./autogen.sh --prefix=/ --exec-prefix=/usr ; echo $?
$ make ; echo $?
$ cd ../iiimp/
$ ./autogen.sh --prefix=/ --exec-prefix=/usr ; echo $?
$ make ; echo $?
$ sudo cp libiiimp.la /usr/lib
$ cd ../iiimcf/
$ ./autogen.sh --prefix=/ --exec-prefix=/usr ; echo $?
$ make ; echo $?
$ sudo cp libiiimcf.la /usr/lib
$ cd ../../program/iiim-properties/
$ ./autogen.sh --prefix=/ --exec-prefix=/usr ; echo $?
$ make ; echo $?
$ sudo make install-exec ; echo $?
$ sudo rm /usr/lib/libiiimp.la
$ sudo rm /usr/lib/libiiimcf.la
$ sudo mv /usr/bin/iiimx-settings-init /usr/lib/iiim/
$ sudo cp client.xml /etc/iiim/

--- PC再起動 ---

■iiim-properties のバグ対策
~/.gconf/desktop/input_methods/%gconf.xml の肥大化バグを防ぐため、一度iiim-propertiesを設定した後に、上記ファイルをフォルダごと書き込み禁止に設定する。

$ iiim-properties

(全角/半角キーでATOKのON/OFFが出来るように設定。)
Atok

$ chmod 0500 ~/.gconf/desktop/input_methods -R


2010/10/14

VirtualBox上のUbuntu 10.10で視覚効果を有効にする

VirtualBox 3.2.10にUbuntu 10.10をインストール後、これまでと同様にGuest Additionsをインストールしても、視覚効果を有効に設定出来ませんでした。(Ubuntu 10.10 i386版、AMD64版共に)


Ubuntu


以下のコマンドを実行後に、Guest Additionsをインストールしたら視覚効果を有効に設定出来ました♪

$ sudo apt-get install dkms build-essential

2010/10/10

k10railgun-0.801.1a

K10_3


■ k10railgun-0.801.1 alpha版
http://xblog.hellokitty68.main.jp/?eid=1016879
>1.概要
> Linuxでpowernow-k8の仕様を突いたPhenom II/Athlon II(AMD K10)用のPstate値・電圧・倍率・他を変更する簡易ツール

■ k10railgunを使用してlinuxでK10 CPU(Phenom,Athlon II)の電圧下げを行う
http://watt.arrow.jp/archives/1279


Ubuntu 10.04 AMD64を入れてるサブマシン(Phenom 9750)で動作確認。
結果アイドル時のCPU温度がかなり下がりました♪


---
ちなみに、現在のサブPCの構成
OS : Windows 7 Professional x64
OS : Ubuntu 10.04 LTS AMD64
CPU : AMD Phenom X4 9750
Motherboard : ASUSTek M3A78 PRO (AMD780G+SB700)
Memory : UMAX Castor 2GB×2
VideoCard : SAPPHIRE HD 4670 512MB GDDR4 PCIE HDMI (PCIExp 512MB)
SSD : SSDN-ST64B(TOSHIBA THNS064GG2BBAA)
HDD : WD10EADS-M2B
HDD : Deskstar P7K500 HDP725050GLA360
Power Unit : Antec EA-380
Case : LanCool PC-K56
Sound I/F : egosys U24